読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系大学生のつぶやき

某国公立大学 工学部 化学系に所属する理系大学生。日々考えたり感じたこと・勉強方法のコツなどつぶやいていこうと思います。

実験レポートの書き方〜考え方とコツ〜

大学に入ると、理系学部では学部1年生から授業の一環として「学生実験」があります。

化学・物理・生物・地学などの分野に分かれて実験指導書に基づいて実験を進めていきます。

 

実験をしているときは、目の前で起こる現象に興味を惹かれて「楽しい」と思う人が多いとは思います。

 

しかし、問題は実験後に提出しなければならないレポートの存在です。

これがまた非常に厳しく、つらいものなのです。

 

 

私の所属する大学では「すべてのレポートを手書きで書く」ことが義務付けられていました。

また、決まった形式に基づいて書く必要があり、形式が正しくないと受理してもらえませんでした。

 

実験によっては数十ページほど書かねばならないものもありました。

ですので、理系学生は毎日毎日図書館にこもって必死でレポートを書いています。

 

 

レポートの書き方は様々ありますが、大まかに分類すると以下のように項目分けされます。

 

①実験の目的

この実験がどのようなことを目的にしているのか記載します。

実験指導書にも一応は書いていますが、なるべく自分の言葉で内容をまとめましょう

 

②原理・反応機構

実験がどのような原理・反応機構に基づいているのか記載します。

装置の仕組みや反応機構は実験開始前になるべく調べておく方が、実験中に理解がより深められます。

特に反応機構は指名されて実際に書かされることもあるので、予習が肝心です。

予習中に気づいたことがあれば、参考文献を調べてメモを取っておきましょう

 

③実験操作

 この項目は、後で誰が読んでも追試ができるようになるべく詳細に記載する必要があります。

(ⅰ)器具・機器

どのような器具・機器を使ったのか記載します。

器具であれば、25mL メスピペット 3本

のように、容積・器具の種類・本数を書いておきましょう。

機器ならば型番と装置の精度、簡単な構造を記載しましょう。

 

(ⅱ)試薬

実験でどのような試薬を使ったのかを記載します。

試薬の名前、化学式、式量、密度、特性などはあらかじめ調べておき、実験に臨みましょう。

レポートには、

硫酸マグネシウム五水和物(MgSO4•5H2O,210.37,2.65g/cm^3,乾燥剤)

などというように書いておくとわかりやすいです。

 

(ⅲ)操作手順

これは実際に自分が実験中にやった操作を書きます。

報告書なので、かならず過去形で書き終えるようにしましょう。

実験指導書に書いてある操作と実際の操作が異なることもありますが、この場合は自分がした操作を書きましょう。もしやってもいない操作を書いてしまうと改ざん扱いされます…。

 

④実験結果

実験で得たデータや生成物についての測定結果を示します。

これも過去形で書くことが基本です。

実験中に得た物質の外見的な特徴や収量・収率、融点など、どんなに些細なことでも観察したことは書いておくようにしましょう

 

実験ノートに実験中に考えたことや観察記録を詳細に書くように心がけておくと、レポートを書くときに楽になります。

 

⑤考察

 実験で得た結果について、どうしてこのような結果になったのか、科学的に議論をする項目です。

「考察ってどうやって書くのだろうか…?」

学部1回生はかなり悩みます。

 

例えば、以下のような例はどう思いますか?

(例)Grignard試薬を利用して、安息香酸メチルと反応させて第三級アルコールを合成する実験を行いました。収率は25%で、得られた結晶は白色でした。また、融点は50~55℃(本来は160℃の融点を持つ)でした。

この実験に対してAさんとBさんがそれぞれ考察を書きました。

 

A:収率は25%と予想より低い値だった。また、融点が文献値からずれていた。理由は実験操作のミスによるものであると考えられる。次回の実験では気を付けようと思う。

 

B:本実験の反応機構を考えると、反応においてベンゾフェノンが反応中間体として得られることが分かる。したがって収率が低下したのは、中間体の状態からもう一段階反応が進まず、目的物が得られなかった可能性があることが原因として考えられる。融点が文献値からずれていたことも、本実験で目的物以外の副生成物が同時に存在していたことを示す根拠である。2段階目まで反応が進まなかった理由としては・・・。

 

 

 

 

 

 

明らかにBさんの方が考察としての評価は高いです。

考察は感想を書くのではなく、「どうしてこのような結果が得られたのか」を科学的に考える部分なのです

したがってAさんのような考察を書いていると評価が著しく低くなります。

 

レポートではこの項目が重視されます。(しっかり書いておくと評価は高いです。)

毎回この内容を書くためにどれほどの時間を費やしたことか…。

 

 

しかし、これがかなり難しいのです。

 

先生方から何を書けとは言われず、自分だけで考える必要があります。

明確な答えなどはなく、「何を書くか」ということからのスタートです。

 

では、何を書けばいいのか

 

これにはいくつかコツがあるのですが、

少々長くなりそうなので、これは次の機会にでも書こうと思います。

 

⑥参考・引用文献

原理・反応機構や考察を書くときに参考にした文献があれば記載します。

代表的な引用方法としては、引用部分に番号を振り、

この項目のなかで

 

[1] 作者、文献のタイトル、発行年月日、引用ページ番号

というように書きます。

 

引用したところが少しでもあれば必ず番号付けをするようにしましょう

番号付けを怠ると盗用・剽窃とみなされる場合があります。

 

 

今回は実験レポートの書き方についていろいろと話してきました。

様々なルールこそはありますが、基本は自分の考えを示すためのものです。

時間をかけて仕上げた分、のちのち自分の力になっていく財産にもなります

 

ですので、「たかが課題でしかない」と割り切ることはやめましょう。

 

 

 

じっくり時間をかけて実験と向き合ってみてほしいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私と英語(勉強法とその考察)

こんばんは。

今日は「私と英語」について考えてみます。

①「英語」という未知なる言葉との出会い

 初めて英語と向き合うことになるのは中学1年生になってからの人が多いと思います。私自身もそうでした。

 

 当初は、「アルファベットはわかるけど…」という程度で、まさに五里霧中の状態でした。学校の授業を聞いていて「なんとなーく」理解しかできず、街中で外国人の方に道を尋ねられても苦し紛れに答えていたことを思い出すばかりです。

 

 

 「英語を学ぶことに一体どのようなメリットがあるのか」

 

 

 そんなことばかり考えていました。

②英語に対する姿勢の変化

 ある時、私は洋楽や映画に非常に興味を持つようになりました。

 もちろんすべて英語の音声ですが、英語の持つ独特のリズム感に惹かれるようになりました。

 

 次第に「英語の意味を自分で聞き取って理解したい!!!」という思いが芽生え、何回も何回も繰り返し音声を聞くようになりました。

 

 

 学校の授業もまじめに取り組み、成績も上々で英語は得意科目でした。

 しかし、どんなに頑張っても内容が英語の音声では全くわからないのです

 このとき、私は悟りました。

 

 

 

 「・・・自分で勉強するしかない。」

 

③取り組んだこと

・リスニング

 ひたすら洋楽と英語のラジオを聞きました。

 歌詞を見ずに耳で聞いた音をそのまま口に出すことを第一に、第二に歌詞を見ながら歌うことを行いました。(今でもやっています。)

 ちなみにMichael JacksonThe Beatles などが私のお気に入りです。

 

 始めたころは全く内容が分かりませんでしたが、今となってはラジオやニュースを聞いていても特に詰まることなく聞けています。

 

・リーディング

 ひたすら英文を読み漁りました。Harry Potterのシリーズが大好きだったので、そればかり読んでいました。今は論文や専門書を読んだり、洋書を自分で購入して読んでいます。

 

・ライティング・スピーキング

 これも場数をかなり踏みました。学校の勉強ではなかなかカバーできない部分ではありますが、これが一番重要に思います。新聞や雑誌、本の一節を抜き出してきて自分なりに書いてみることから始めました。

 

 「できるだけ簡単に、そして正確に文書をかみ砕いて書く・話す」

 

ということを強く意識するようにしています。難しい文法や言葉を使う必要は一切ありません。

 

 この活動を中学1年生から現在(大学3回生)まで継続してきました。

 すると特に対策もせずに臨んだTOEICで730点を取ることができました。なので、ある程度は効果があったのではないかと思います。ちなみに私はこれまで一度も海外に行ったことはありません。

④大学以降の「英語」の位置づけ

 大学以降(特に高学年)は研究を行うために、世界中の研究者が書いた論文を読んで世の中の流れを把握する必要があります。また、自分の研究成果を発表するために学会に行くこともあります。もちろんすべて英語です。

 

 研究室によっては留学生も多数在籍しており、英語でコミュニケーションをとって研究を進める必要も出てきます。

 

 このように、英語はかなり重要になってきます

 

 

 しかし、高校を卒業するとそれ以降は「英語の勉強を授業で扱う機会」は大幅に減少します。

 院試や就活にはTOEICの対策もしていかなければなりません。

 研究や他の専門科目の勉強があることを考えると、英語を勉強することに集中することがかなり難しくなってきます。

⑤日常生活と英語

 では、どうすれば英語のスキルをより上達することができるのでしょうか?

 

 

 

 

 「日常生活の中に英語を取り入れる」

 

 

これが私の答えです。

何気ない日常の一場面で英語の音声を聞いたり、文章を読むことを心がけてみましょう。

そして、英語を勉強する目的を持つことも大切です。

 

 

「何のために英語を勉強するのか」

「どのように英語が自分に役立つのか」

 

 

これらの目標を持っていないと、なかなか継続できません。

 

 

英語はすばらしい言語です。世界中の人と意思疎通が可能になり、様々な考え方や価値観を共有できます。そして、自分の知らない未知の世界が開けていきます。

 

言い換えれば、英語から目を背けてしまうとそれだけで自分の世界や可能性を狭めてしまうことになるのです。

 

 

きっかけはなんでもいいんです。

ちょっと立ち止まって、英語に対する姿勢を見直してみませんか?

 

 

 

 

 

 

最近の悩み

こんばんは。

最近、あることに非常に悩んでいます。

 

それはやたらと強迫観念に縛られるということです。

コンビニで買い物をした後、レシートをもらいますよね?

レシートは「きちんと支払いをしました」という証拠であると思います(当たり前ですが)。

しかし、買い物をしてから自宅に戻ってみて

「あれ、ちゃんとお金払ったっけ?」

ってなぜか気になって仕方がないんです。

レシートを見てもなかなかこの思いは払拭できません。

 

いろいろと調べていると、この症状は「強迫性障害」の中でも加害強迫というものに該当するそうで、日本でもたくさんの方が苦しんでいるそうです。

 

 

最近やたらと予定を詰め込みすぎて、精神的に病んでしまったのでしょうか…?

 

春休み期間中に少し心を休めたいと思います。

 

 

大学受験と私

こんばんは。

今回は「大学受験と私」というテーマでいろいろと話したいと思います。

 

この時期は大学受験のシーズン真っ盛りですね。受験生は受験勉強に追われ、下級生はそんな先輩たちの姿勢を見て気を引き締める。見ていてなんとも言えない感覚になります。

私自身、塾講師のアルバイトをかれこれ長い間やっており、色々な生徒たちの生き様を目の当たりにしてきました。生徒たちの姿を見ていると、過去の自分の受験生時代のことがいつも思い浮かびます。

 

私は某進学校の高校に在籍していました。当時は「その高校に行けば有名な大学にいける」という軽い気持ちで高校を受けたのですが、実際はそのようなことはなく、かなり苦しい思いをしました。

特に苦手だったのが「化学」でした。高校2年生時点ではあまりにも苦手意識が強すぎて、化学の授業中ほとんど寝ていました。

 

高校3年生のころだったか、とある活動に参加することがありました。その活動とは大学の研究室にお邪魔して、実際の研究を目の前に教授・大学生と議論を深めるというものでした。そこで私は「化学がいかに日常生活に関係しているのか」「化学の奥深さ」についてハッと気づいてしまったのです。

それからというもの、ほかの教科には目もくれず、ただひたすらに化学を勉強しました。勉強すればするほど、その面白さに惹かれていったのでした。

 

そして気が付けば、化学で飯を食っていこうとしている自分がいます。

 

私は現役では志望の大学には合格できず1年間浪人しました。浪人の間はどこにも所属していない自分を顧みて、「自分には存在価値がないのではないのか」「なぜ生きているのか」などの自問自答を繰り返す毎日でした。

 

 

今になって振り返ってみると、これらの経験はすべて今の自分を作り上げる重要な要素だったのだと気が付きます。自分と向き合って、「ハッと気づく」瞬間がこんなにも人生に影響するとは思いませんでしたね。

 

大学受験で経験したことすべては今までの人生の中で最も苦しくつらいものでした。しかし、それと同時に私の人生の大きな財産にもなりました。

 

受験生の皆さんは今は苦しいかもしれません。しかし、きっと努力は報われます。

あと少し。そこから次のステップへの入り口が見えてくることでしょう。

 

はじめに

こんにちは。

僕はとある国公立大学 工学部 化学系に所属する学生です。この4月からようやく研究室配属となります。

将来は大学の先生か、企業の研究職に就くことを目標にしています。

このブログでは、同じような夢を持つ人の参考となるように、1人の学生として学生生活や研究について考えたり思ったりしたことを発信していければと思います。